コロナウイルスに勝てない人間

台風でも津波でもない。目にも見えないウイルスが世界中に恐怖を与えている。コロナウイルスだ。このウイルスが人に感染すると肺炎を引き起こし、死に追いやることがある。コロナウイルスが最初に見つかったのは、中国の武漢。武漢では3,000人の人が感染し80人が死んだ。人の移動を通して世界中に広がる勢いだ。日本でも4人の患者が見つかった。中国は国民…
コメント:0

続きを読むread more

徳勝龍の優勝で思う

グッドタイミングだった。五時過ぎ、ウオーキングに出ようと準備していたところ、思い出してテレビのスイチを入れると大相撲の千秋楽の結びの一番が始まるところだった。貴景勝と徳勝龍が仕切りをしていた。優勝をかけた徳勝龍の大一番。じっくり見た。大関に土俵際まで寄られるが残し、徳勝龍が右回しを取って攻め、寄り切った。全力を出し切っての攻防だった。勝…
コメント:0

続きを読むread more

カゼと体調管理

カゼと体調管理先週からカゼ症状が現れてもう1週間が過ぎた。軽いカゼと思ったら長引いてしまった。間にい名護ハーフを走ったので悪化させたかもしれない。夜になるとセキが出る。体に馬力がない。走る気も出ない。薬を飲めと勧められるが、副作用が怖いから飲まない。病院へ行ったらと言うが、カゼを治す手立ては病院にもない。自分の体の力だ治すしかないと思っ…
コメント:0

続きを読むread more

本部高校のレジリエンスに期待

センバツ出場の夢が叶えられなかった本部高校。昨日発表されたセンバツ出場校の21世紀枠3校の中に本部高校の名前はなかった。残念だった。一番悔しかったのは、学校、地域、沖縄の夢を担って練習に打ち込んできた本部高校野球部員なのでしょう。でも、「まだ、甲子園に行く時期じゃない。悔しさをエネルギーにまたやって行こう」と部員を励ます宮城監督の言葉(…
コメント:0

続きを読むread more

本部高校センバツなるか

第92回センバツ高校野球(甲子園)に出場する32校が今日決まる。地区別の一般選抜が29校、21世紀枠で3校が決まる。九州からは4校が選ばれるが、沖縄は含まれていない。甲子園が遠くなった感じがした。でも、希望の火はまだ灯っている。本部高校が21世紀枠の候補に挙がっているからだ。21世紀枠の候補校は9校。その3校の1つに選ばれるか。今日3時…
コメント:0

続きを読むread more

馬歩(ばほ)と体験

馬歩(ばほ)。字を見たことも耳で聞いたこともなかった。昨日、始めて知った。琉球新報の連載小説「宗棍」(そうこん)(12回)を読んでいうると、照屋築登親雲(てるやちくどんぺーちん)が空手の修行を志す松村宗棍に「馬歩」の訓練を課す場面がる。両脚を広げ腰を落として立つ姿勢である。挿絵があるからすぐわっかた。スクワットのことか。スクワットな…
コメント:0

続きを読むread more

アンクルウエイトを使う

しばらくの間、放置していたアンクルウエイトを使うことにした。片脚1.5㎞の重りを足首の上部に巻きつけて歩く。仕事中の時間を利用して下半身の筋トレに役立てたい。アンクルウエイトを付けて歩くと、腿を上げ下げするときに、太ももの表の筋肉(大腿四頭筋)と裏の筋肉ハムストリングスに負荷をかけるので筋力強化の効果があると思う。どれほどの効果があるか…
コメント:0

続きを読むread more

コントを一芸

コントを一芸コントとは笑いを目的とした寸劇。ある日の昼下がり、ひげを生やした80歳をすぎるオジイがテレビの前に座ってラグビーの試合を見ていた。そばに息子の太郎が座っていた。 オジイがウチナーグチで(方言)言う。“太郎、ラグビーやチュクルセール ヤミ”(ラグビーは人殺しか)太郎 “オジイ、チュクルセーヤアイビラン。試合ルヤビーン”(人殺…
コメント:0

続きを読むread more

NAGOハーフの結果

昨日の名護ハーフの結果は、80代で2位だった。6年連続優勝の記録が絶えて残念だった。タイムは2時間11分58秒。昨年より3分遅くなった。1位の比嘉良徳さんの記録が2時間7分だった。4分およばなかった。2位になって残念だが負ける時もあることを知らないといけない。来年はばん回したいと思っている。体調を考えて、前半、中盤までペースを抑え、17…
コメント:0

続きを読むread more

幸運に感謝

なんて、運が良いんだ。この両日思っている。昨日の朝は、どうしても会いたいと思っていた人が偶然職場にきた。大事な仕事の打ち合わせができた。「この世は自分のためにあるのか」とさえ大げさに思った。午後2時から北谷の校舎で某委員会(会議)があった。予定して委員がどうしても出席できないと数日前に断りがあった。欠席もやむを得ないと諦めていたら代理が…
コメント:0

続きを読むread more

幸運に恵まれる

先週からせわしい日が続いている。大事の会議が今日ある。どう円滑に進めるか、構想づくりをしたり、内部調整やら資料の準備もある。しわ寄せが後ろに来ないようにと先手、先手で仕事を処理してきた。仕事には幸運「好都合」がついてくるものだ。今朝も、早めに打ち合わせに行こうと思っていたら、突然、その人が現れた。大事な打ち合わせができた。午前中の時間が…
コメント:0

続きを読むread more

文章は自分の言葉で書く

成人の日の3連休。せっかくの休みなのに苦い経験をした。琉球新報の投稿欄「ティータイム」に原稿を書こうとしたがどうしても書けなかった。パソコンを前にして座るが言葉が出てこない。ただ文字を並べただけで内容がない。文章の流れが作れない。悶々とした気持ちで休みを過ごした。投げようかと思ったが、諦めると次も同じことが起こる。粘って何十回も、書いた…
コメント:0

続きを読むread more

台湾に注目する

台湾は沖縄の隣国。与那国島から110㎞しか離れていない。また、1945年までは日本の統治下にあった。台北帝大、台湾製糖などがあった。面積は約35、600平方キロで九州とほぼ同じ。人口が2,350万人で九州の約2倍。沖縄との文化・経済交流も盛んで、私も数回訪れたことがある。11日、台湾の総統選挙があった。台湾の独立を訴える民主進歩党(民進…
コメント:0

続きを読むread more

新成人に幸多か

明日は、1月の第2月曜日。成人の日である。国民の祝日で休み。今日、成人式も多い。新成人は、沖縄では16,845人(那覇市3,470人、沖縄市1,641人、うるま市1,377人)、全国では122万人(前年より3万人少ない)。今朝、スーツを着た二十歳の若者たちが家の前を歩く。首里城を見に行くという。春を迎える若松の新芽のように映る。2000…
コメント:0

続きを読むread more

83歳の誕生日と抱負

1月11日で83歳になった。1つ歳をとったからといって、よる歳には勝てないと同調する気持ちにはなれない。老成すると、気持ちは若くても筋力は落ち、体は硬くなり動きも悪くなる。流れにまかせると運動能力も生活機能も低下して老人になる。歳に逆らいたい。肉体の面では、筋力を鍛え、関節の動き(伸ばす・曲げる・反らす・ひねる)を柔らかくし、基礎体力を…
コメント:3

続きを読むread more

アメリカ報復せず

アメリカとイランの間で戦争が起こるかもと世界が緊張する中、昨日、トランプ大統領がホワイトハウスで演説し「イランに対する報復はしない」と声明した。刀を鞘に納めた。良いことをしたと思う。昨日のブログで「米国とイランの衝突は起こらない」と予想した。今日の新聞(新報)の見出しは「米大統領、軍事報復せず」。推察通りに事が動いたような気がする。専門…
コメント:0

続きを読むread more

米国―イラン情勢をどう読むか

イランが8日午前(日本時間)、イラクに駐留するアメリカの空軍基地2か所を弾道ミサイル攻撃した。過日、アメリカがイランの革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した報復だと声明した。さて、アメリカはどう動くか。世界中の関心が集まっている。アメリカが仕返し、両国の全面戦争に発展するのか。テレビや新聞等は、専門家の意見を聞き出そうとするが、だれも自…
コメント:0

続きを読むread more

日隅ジュリヤス君

昨日、練習終えて帰宅すると午後8時半を過ぎていた。ジュリアス君が来ているようと妻が言うから、急いで階段を下りて息子家族が住む階に行ったら日隅ジュリアス君が座っていた。会えてとても嬉しかった。ジュリアス君は北谷中学を卒業し、野球留学で高知中央高校に進学して、4年前のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに4位で指名された。故障があって今は育…
コメント:0

続きを読むread more

日本の人口を考える

日本の将来を考えたとき、一番大きな問題は人口の減少。世界の人口は19億人(2010年の推計)。国別では、中国がトップで約13億5千万人、インドが12億2千万人で、日本は1億3万人で10位となっている。2018年10月1日現在の日本の人口動態を見ると、総人口は126万人、1年間に生まれたここどの数(出生数)は92万、死亡した人数は136万…
コメント:0

続きを読むread more

“努力とはなにか”

今朝の琉球新報のインタビュー記事を読んだ。「ゆくい語り」「沖縄人へのメッセージ」。「ゆくい」とは沖縄の方言で、「仕事を終えて一服する」「リラックした気分」のことで、西武ライオンズの山川穂高選手のオフのインタビューを掲載している。山川選手は、プロ7年目。2年連続パ・リーグの本塁打王。西武の背番号3.インタビューで語った山川選手の言葉を聞い…
コメント:0

続きを読むread more