峠走の効果

去った土曜日(12日)に本部町の八重岳で峠走をした。八重岳の桜公園から頂上まで勾配9.2度の坂を3.6㎞上った。それから、八重岳入り口から公園までの坂1.6㎞を走った。往復合わせて約10.5㎞。峠走とは走って山に登ることだと思った。走った後は、それほど疲れも感じないし、どこも痛くないが翌日からその効果を実感した。当日の晩は、ふくらはぎが…
コメント:0

続きを読むread more

自然からの警告

台風19号が去った。伊豆半島から上陸した台風19号は、関東地方を横切り13日、太平洋に出ていいた。大地を踏み荒らした巨大怪獣のようだ。テレビが放映する各地の被害のすさまじさに自然の怖さを感じた。16都県で記録的な大雨が降り、大きな河の堤防が決壊し、洪水が平地を襲い大暴れした。気象庁は大雨特別警報を出すだけで、人間の英知も科学技術も兵器も…
コメント:0

続きを読むread more

ボケ話―桜の狂い咲き

昨日、本部町の八重岳峠走に行くバスの中、老人2人の会話が弾む。嘉手川さんは小禄豊見城(昔の地名の呼び方)生まれの85歳、仲尾次は字具志川田場天顔の生まれの82歳。2人の会話はウチナー口のボケ話。嘉手川:八重岳の桜、咲いているかね。仲尾次:今、10月、咲くわけないでしょう。嘉手川:いや、咲いていたとニュースで云っていた。仲尾次:「カニハン…
コメント:0

続きを読むread more

八重岳峠走

八重岳峠走今日のアミノバリューランニングクラブ合同練習は八重岳の峠走。朝、7時15分琉大保健学部前をバスで出発して9時前に八重岳公園に到着。9時15分、山頂に向かってスタートした。登りは勾配9.2度の3.7㎞。頂上まで43分も要した。下りは34分。公園から八重岳入り口まで約1.7㎞下り、折り返して登ってきた。頂上往復の距離が約7.4㎞、…
コメント:0

続きを読むread more

おもしろい本―福久原恒勇著

知り合いの方から本が送られてきた。福原恒勇(ふくはらつねお)さんの「ぼくの目ざわり、耳ざわり」。読み始めるとウチナー言葉の面白さに引き込まれる。沖縄音楽に親しみのある方ならどなたでもご存でしょう。「芭蕉布」を作曲された福久原さんです。作曲家、芸術家と思っていたら、自分は歌をつくる職人だという。音楽にとらわれず落語のように自由気ままに福久…
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞―剛と柔の発想

昨日(9日)、2019年のノーベル化学賞を日本の吉野彰氏と米国の2人の科学者が受賞するとの大きなニュースがあった。今年は、日本人のノーベル賞受賞は見送られるのでは思ったが思い過しだった。2年連続、27人目のノーベル賞受賞。アジアの小国日本の金メダルだ。吉野氏等は、スマホやノートパソコンに使われるリチウムイオン電池を開発された。ノーベル賞…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球日本シリーズ進出決定戦へ

今晩はエキサイティングな夜になりそうだ。プロ野球クライマックスシリーズのファイナルステージが今日開幕する。セ・パが対決しプロ野球日本1を決める日本シリーズには、どのチームが進出するか。セ・リーグは巨人と阪神の試合が6時から東京ドーム。巨人はリーグ優勝チーム、阪神はクライマックスシリーズを勝ち抜いたチーム。パ・リーグはリーグ優勝の西武に同…
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジ2:減量

欲が欲を生むとは、こういうことか。ここ数カ月、体重を51㎏に減らそうと努力してきたらできた。今度は、目標を0.5㎏下げて、50.5㎏を目標にした。それもできそうになったので目標を更に0.5㎏下げて、50.0㎏に設定した。昨日はランを休んだので今朝の体重は少し増えて50.5㎏。厳しいかもしれないが、あと0.5㎏の減量を実現したい。体重が減…
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジ月間:(1)マラソンを走る体力づくり

10月をチャレンジ月間して、課題を絞って集中的に取り組みたい。第1のチャレンジ課題は、マラソンを走る体力づくり。10月27日に久米島マラソン、12月1日NAHAマラソン、1月19日NAGOハーフマラソンがある。今年の5月以降、長距離を走る練習をしていない。9月まで3000㍍を中心に練習してきので、体が中距離用に慣れたしまった感じがする。…
コメント:0

続きを読むread more

老いても“ありがとう”を忘れず

老いても“ありがとう”を忘れず去った金曜日に、弟と彼の子二人(息子と娘)で沖縄市泡瀬の介護ホームに親戚のお婆さんをお見舞いにいった。90歳で夫が前日に亡くなったので落ち込んでないかと不安だった。でも元気だった。介護士の方に車いすで連れてこられて、広々とした食堂でお会いした。耳が遠いので大きな声で方言で「しめい」だようというと、最初はボー…
コメント:2

続きを読むread more

自分のアクティブライフとは

僕のアクティブライフとは昨夜、夜中にふと時めが覚めた。頭に閃いた。自分のアクティブライフとはどんなことか、と。今朝、閃いたことを急いで整理してメモした。自分のアクティブライフの例(アクティブライフとは自分の改善したいことにチャレンジすること。したい、なりたいと思うことを実行すること)健康のこと体重血圧筋肉と体脂肪食事免疫力ストレッチと筋…
コメント:0

続きを読むread more

金曜日の1日の行動

金曜日の1日の行動親戚の先輩が亡くなって、出棺の儀式や葬儀の準備で仕事を休んで古里の具志川に行った。パソコンを車に乗せ、時間をみてブログを書くつもりだったが、用事に追われて書けなかったので昨日のことを今日書いた。昨日(4日)の行動:〇6:30 を出てうるま市兼箇段にあるメモリアリル中頭へ。〇7:40 出棺の儀式〇8:30 具志川葬祭場へ…
コメント:0

続きを読むread more

アクティブに生きよう

新聞の読者欄に高齢者の投稿がよく載る。ご意見や生き方など話題は多様だが、中には老後の人生を「寂しい」とか「悲しい」とかと嘆く投稿が目に着く。読んで、「寂しい」とか「悲しい」とかを吹き飛ばすアクティブな生き方はないのだろうか、と考える。人夫々の事情があるに違いないが、普通に考えると、アクティブとは、自分の体と頭を動かすこと。その気になれば…
コメント:0

続きを読むread more

石嶺駅

ユイレール石嶺駅が開通した。首里駅からてだこ浦西駅までモノレールが延長され10月1日から電車が走った。石嶺駅は首里石嶺町1丁目にあり、ユイレール駅の16番目の駅である。 石嶺に駅ができた。嬉しいやら驚くやら。石嶺は首里の郊外に位置し、明治のころに西原村から編入され地域で、もともと、辺ぴな農村地帯だった。1960年頃まで、サトウキビ畑の…
コメント:0

続きを読むread more

消費税10%を乗り切ろう

今日から(10月1日)から消費税が8%から10%に上がった。新聞やテレビの報道をみると、店は「増税前セール」、消費者は「まとめ買い」とマンガのようなてんやわんやの消費税引き上げ前夜の様子が見られた。テッシュウペーパを買い込んだら収納場所に困るおばあさん。ビールをケースで買い込んだら、夫が大喜び。1円でも得しようと思ったのが逆に損をしたと…
コメント:0

続きを読むread more

明るい話題―3つ

9月も今日で終わる。明日に向けて明るい話題が3つある。 1つ、八重山農林決勝進出 昨日、秋の高校野球の準決勝が行われ、八重山農林が具志川高校を3-2で破り、決勝進出を決めた。10月19日から佐賀県で行われる九州大会への出場権を手にした。八重山農林は野球では無名校。創部40年で決勝進出は初。新里監督は監督1年生、部員12人、エースは16…
コメント:0

続きを読むread more

体型づくりに努力

生活の中で、気をつかっているのは体型づくりである。単純な発想だが、体脂肪を減らし筋肉量を増やすこと。そのために運動量を増やし食事を減らす。平常の体重は51.5㎏だったが、今朝は50㎏を切った。目標だった50.5㎏より0.5㎞も落とした。努力の成果を感じて喜んだ。せっかく手にした50㎏の獲物だ。手放したくない。鏡で見ると腰回りが小さくなっ…
コメント:0

続きを読むread more

体の内的変化

今日、アミノバリューランニングクラブの練習会の前に、体組成測定をしてもらった。一番知りたかったことは、筋肉量は増えたか、であった。測定の結果を1年前(2018年9月8日)と比較してみた。   項目       2019年9月28日  2018年9月8日 比較総合評価体重(㎏)      50.7       51.6  −1.1体脂肪率…
コメント:0

続きを読むread more

沖縄タイムスの特集に感謝

今朝の沖縄タイムスの16-17ページは特集記事で埋まっている。NAHAマラソンにちなんだ企画らしい。「走破へ準備しっかり」と見出しがついている。 記事の中で私とモデルの山城愛さんの写真と短いコメントが載っている。20日、コンベンションセンター近くにあるスポーツ専門店「ゼビオス」でインタビューを受けた時の写真である。 NAHAマラソン…
コメント:0

続きを読むread more

裸婦像

前橋市で気づくことは女性の裸体像が多いこと。駅前の約1㎞のケヤキ並木通りに4本の「像」があり、3本は裸婦像だった。 1つは若い女性像、もう一つはお母さんと手を結ぶ2人の子(写真)。家族愛の象徴なのでしょう。単純に思ったのだが、ギリシャには男性美を誇る彫刻が多いのになんで前橋には裸婦像が多いのでしょうか。前橋の自然、文化・人間性が背景に…
コメント:0

続きを読むread more