シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しい試走会

<<   作成日時 : 2011/09/12 09:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

11月6日は第10回尚巴志ハーフマラソン。仲間に誘われてその試走会に参加した。昨日、朝6時半に家を出て、仲間をピックアップし7時20分に南城市佐敷のシュガーホールに着いた。

8時スタート。ヘアピン坂の新里ビラを1km余り上る。佐敷高原の自転車道を通って、ニライ・カナイ橋から知念半島の大海原を見渡しながら下り、あざまサンサンビーチで休憩。

ゴールの21kmまで残り3km。練習時の3qと実戦で走る3qの長さがこんなにも違うのか。3qが長い。キツイ。まだか、まだかと思うからますます遠く感じる。

距離にも物理的距離、時間的距離、そして感覚的距離がある。感覚的距離感を長くすること。マラソンを走る一つのコツである。あと3qでも先はまだ長い。急ぐな。そんな気持ちで走る。″百の半分は99″マラソン初挑戦の友にもこの超数学を体験してほしいと思った。

長い距離でも仲間と一緒だと楽しい。有意義な試走会だった。企画してくださったRun デザインさんありがとうございました。


注 終わって、ユインチホテル南城の展望大浴場の温水に浸ってゆっくり体を癒した。体重も落ちて爽快だった。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
試走の後、温水に入ったとありましたが、北海道では考えられません。当然、温泉でしょう。地域の異なる北と南の交流に感謝!
谷 潤介
2011/09/12 19:29
コメントありがとうございます。
温水と表現しましたのは、コインチホテル(保養施設)の大浴場の湯船のお湯ことです。本土では温泉のことでしょうね。
私は考えました。こんな高台に温泉が湧くだろうか。浴場の作りも湯の温度(40度)も温泉そのものですが、これが温泉かどうか疑問を抱きました。それでお湯のことを温水と書きました。コメントお願いします。
なかおじ
2011/09/13 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しい試走会 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる