シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 「お腹を休ます」

<<   作成日時 : 2012/04/03 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日の「あやはロードレース」の結果は良かった。マラソンの記録は、その日の天候、コースの起伏、体調など条件が違ので、何がよかったかは、一口では言えないが、大会前に「お腹を休めた」ことも一つのポイントではなかったかと思う。

普通、マラソンを走る時は、炭水化物をしっかり摂取してエネルギーを蓄えると良いといわれている。私もそれを信じて実行してきた。

しかし、練習中に別の発想を思いついた。「体も使いすぎると疲れる。胃も食べ過ぎると疲れる。だから、胃の負担を軽くすると、胃も元気になるなずだ」。「あやはし」でこの発想を試してみた。

大会前の食事も普段通り、当日の朝は、スタート3時間前にカステラ、ケーキとコーヒー、おにぎり1個にとどめ、以前より食事を軽くした。スタート直前にスポーツゼリー1袋(160kcal)を食べた。

結果は、
   @ ゴールまでスタミナ切れはなかった。
   A 胃のもたれ感がなく気持ちよく走れた。
   B 全身の力がフル稼働した。

仮説であるが、胃の負担を軽くすると走りにプラス効果が出るのではないだろうか。


注1 これは私の体験談で、他の人にも当てはまるとは言えない。
注2 経験を通して自分にあった食事法、調整法を見つけてください。
注3 大会前は無理に食べようとしないこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「お腹を休ます」 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる