シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 心拍数とランニングの練習

<<   作成日時 : 2012/05/26 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像今日のアミノバリューランニングクラブの合同練習はビルドアップ走。新メンバー、村田コーチご夫妻も参加して3qのジョギングからスタートした。笑顔がいっぱい。

850Mの新都心公園コースを4周して1セット。それを3セット走る。1周目は抑えて2周から3周目へと、ペースを上げる練習だ。明日、ホワイトビーチマラソン(10q)があるので、1セットを走って、2,3,セットはジョギングに変えた。

尾尻先生のご指導で胸にセンサーのついた胸帯をつけ、左手首に計測計(指示器)を付けて心拍数の測定もした。心拍数とランニングのこともよく知らいので、ジョギン中に尾尻先生に質問した。心拍数とはなんですかとか、幼稚な質問ばかりだったが親切に教えてくれた。

○心拍数とは心臓が1分間に血液を血管に送り出す回数。脈泊数と同じ。
○安静時の脈拍数は普通男性60〜70、女性65〜75.
○最大心拍数は年齢が高くなると下がる。一般に「220−年齢」が最大心拍数である。あなたの最大心拍数は145ぐらいでしょう、と。
○最大心拍数とはなんですか。「年齢に応じた心臓の最大運動能力だ」と

スタートすると、左手首にはめた指示器をみながら走った。

@ ラスト200mを全力で走ったときの心拍数は151だった。
A 普通に走っているときは130〜140
B ゆっくり走っているときの心拍数は110−120だった。

上のことから次のことから次の結論に達した。

@ 僕の最大心拍は145(220−75)だから、今日の運動強度は最大104・1%だった(151/145)。
A 今日の結果から、自分の心拍数と運動強度の関係を把握すると:

(ア) 心拍数45〜100 :ウオーキング
(イ) 心拍数100〜120:ジョギング
(ウ) 心拍数120〜140:ランニング
(エ) 心拍数140〜150:練習
(オ) 心拍数150以上  :レース走

B そして、今日のビルドアップ走、また、来週の特別練習の目的が分かりました。走る力を上げるには、心拍数を最大心拍数以上に上げる練習が必要なのだ(僕の場合150以上)。きつくなければ練習とは言えない。


(写真)アミノバリューランニングクラブのホームページアルバムより転載。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
心拍数とランニングの練習 シニアライフスタイルの研究/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/06 08:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心拍数とランニングの練習 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる