シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS ウートートゥ

<<   作成日時 : 2013/03/09 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日の朝7時、ひげを剃っていると戸が開いて、近くに住む三男の小学校4年生の孫の声がする。「おじいさん、これから、野球の試合がる。今日勝つと那覇地区大会に出られるよ。だから、ウートートゥしにきた」とユニフォーム姿で現れた。

"よくきた、早く、あがれ、あがれ”といって、寝ている妻を起こして、線香に火をつけて、孫に渡した。仏壇の前にひざまずいて、線香を上げ、両手を合わせてウートートゥしていた。私も妻も両側に正座して手を合わせた。“ピンチのときは助けてください。チャンスのときは打たしてください。" と亡き両親に祈った。

試合会場の石嶺小学校に急いだが、試合はもう始まっていた。4−0とリードしていたのに、4回の表に2点を失い、なお1アウト満塁の大ピンチ。監督がピッチャ交代を告げ、孫が3塁からマウンドに走った。"しっかり″″しっかり″の声援のなか、2者連続三振。ピンチを切り抜けた。7回まで投げて勝った。

体も小さいし、ピッチャができるなんと予想もしてなかった。朝、ウートートゥしにきた。その心の支えがどこにあったのだと思った。そして、子を″ウートートゥ″しに行かした両親の心遣いが尊い。ご先祖さまが見守っていると、教えたのでしょう。

注:3月10日のブログです。公開が遅れてしまいました。

ラン日誌 3月9日(土)晴れ
新都心公園。8時。アミノバリューランニングクラブの合同練習会。
用事があったので、練習会前に2kmのジョギングをして、早退した。
西原運動公園 17:30〜19:00 約8km。グラウンドの土手をリハビリのつもりでスロージョギング。

注 映画「ロッキー3」で、試合の朝、ロッキーバルボアが教会で祈る場面を思い出した。ピンチになると、人は一人ではどうにもならないことがあるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウートートゥ シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる