シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 3兄弟の思いやり

<<   作成日時 : 2013/06/25 11:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像日曜日の息子たちの野球の準決勝・決勝戦の応援で、声がかすれるまで応援した。

うるま市の草野球チームのリーグ戦だが、準決勝は勝ったが、決勝戦で負けた。うるま市在住の弟が主宰する「大嗣建設チーム」で、私の長男、次男、三男がプレーしている。

準決勝は、三男(太)が投げて、次男(力)がキャッチャー、長男(嗣郎)がセンター。三男が完投。30分休んで決勝戦。次男が先発。力投したがサヨナラ負け。

表彰式で4試合を投げた三男が敢闘賞。でも、あまり嬉しい表情も見せず、決勝戦で負け投手になった次男に歩み寄って、「力、足を引っ張ってすまなかった」と一言。長男も「バットで援護できなくてすまん」と。晩も長男から電話があった。「力は、気が小さいから、父さんからも電話してあげて」と。試合には負けたが、かえって、兄弟3人の思いやりの心を感じた。

3人とも性格は違うがやっぱり血がつながっている。妻もそうかとよろこんでいる様子だった。

(写真)決勝戦で力投する次男

ラン日誌 6月24日(月)はれ
新都心公園 18:30〜19〜20)7q
半分はジョギング、後半は軽いランニング、ラストの追い込み。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの試合は誰も足を引っ張るような事は無かったですよ〜(^^)
投げるのも 守るのも 打つ方でも ただただ自分の力不足なだけでした〜
皆さん ごめんなさい…(*_*)

2013/06/26 03:33
力君へ
でも、心のなかではみんなすまんと思っていた。一発がでたら力君に勝ちをプレゼントできたのに、と。
気持ちを切り替え、次をめざそう。




しめい
2013/06/26 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
3兄弟の思いやり シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる