シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 新人類へ進化

<<   作成日時 : 2013/08/18 14:50   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

30年近くも走っているのに、走った距離、時間、スピードも測らずにただ勘と体にまかせて走ってきた。それが昨日から、EpsonのGPSウオッチをつけて走ることにした。

昨日の午後、尾尻先生にGPS EPSON500Rの使い方、パソコンにデーターをアップロードする方法を教えてもらった。さっそく、GPSを着けて新都心公園の練習コースを3往復してデーターをとった。

今朝、パソコンにデーターをアップすると走った距離、時間、ラップタイム、消費カロリーが表示された。これはすごいと思った。草原の中を駈けめぐっていた旧人類が文明の利器をもって走る新人類に生まれ変わったような気持ちにあった。データー(記録)を見ると:

   ○ 3往復の距離は10・8q
   ○ 1往復の距離は3.6q
   ○ 走った時間は1:05:19
   ○ 1qの平均ラップタイムは 6:03
   ○ 1qの最速ラップは5:17
   ○ 消費カロリー548g
   ○ 1qの消費カロリー50kcal
   ○ 平均スライド:95p

これで練習にもデーターの裏付けができた。それだけも大きな進化だ。そして体重管理の指針ができた。500kcal を消費するには10qのランが必要だと。

ラン日誌 8月17日(土)曇り
新都心公園 18:50:19:55 10.8q。
練習の内容をデーターで確かめることができた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もGPS機能のウォッチで走るようになって、どこでも走れるし、どのくらい走ったのかわかるし、平均ペースやラップタイムも計算してくれるし。一番は、走っている時にタイムリーにペースがわかるのがとても気に入っています。以前の練習コースにとらわれない どこでランしても距離やペースがわかるので、ビーチの砂浜、公園の芝生の中、階段のある遊歩道など練習場所が広がりました。個人が人工衛星機能をオーダーできる時代が来るなんて・・・
RIENO
2013/08/18 21:05
科学的に分析する事は、練習の質を高める事に有効であると思います。これから、質の高い練習ができると思います。有効に使って進化して下さい。僕は、サイクリングロードに距離標があるので、GPS機能の時計は使っていません。
j レノン
2013/08/19 08:53
RIEO さんへ
いいお話ありがとうございます。GPSって練習のパートナーなんですね。
わたしも一日も早く使い慣れたいです。活用のし方を教えてください。パーナーにしたいです。

なかおじ
2013/08/19 11:51
レノンさんへ
そうですね。勘からデーターへ、少しでも進化できたらいいと思います。でも、なかなか使なせません。早く慣れたいです。自然の中の標識も野生の趣があっていいでしょうね。
なかおじ
2013/08/19 11:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
新人類へ進化 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる