日本語ボランテァ講座修了式

母国語でのコミュニケーションも難しいのに、日本語によるコミュニケーションを外国人に教えるのはもっとむつかしい。でも、それをやってみたいという方も多い。昨日、「外国人を対象にした日本語教育ボランティア講座の修了式が校内であった。

文部科学省文化庁の委託講座で、毎週土曜日の午前中3時間、3カ月間続いた。修了者は18人で、女性16人、男性2人だった。

県内で生活している外国人にボランテァで日本語を教える人を増やしたい。地元の人との交流を盛んにし、沖縄や日本の生活・文化の理解者を増やしていこう。その草の根の国際交流を支えるボランテァを養成する講座であった。

修了式でこんな短いあいさつをした。外国の人に日本語を教えるときの参考にしてください、と。
  「日本語を教えるときは、
   難しいことをやさしくね。
   やさしいことを詳しくね。
   詳しいことをおもしろくね」

英語で締めた。
 「In closing my greeting, I hope you will have chance as many as possible to help people who need your help.  Let me say ″The year 2013 is coming to end, Merry Christmas and Happy Year to all of you. Good luck with  your career. God bless you! Thank you」

ラン日誌 12月21日(土)晴れ
新都心公園 18:30~19:50 11㎞
身も心も快調だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

j レノン
2013年12月23日 10:33
クリスマス、新年へと。今年もあっという間に1年が過ぎようとしています。まだ1週間ほど残っていますので、するべき事を坦々と行います。仲尾次さんは、充実した日々を過ごされている様で、「凄いと」何時も感心しています。寒さ厳しい札幌ですが、春が必ず訪れる事を心待ちに過ごす事とします。
なかおじ
2013年12月23日 11:30
レノンさん
毎度、ありがとうございます。
北海道の広々として景色を見たいです。沖縄は狭いです。小さいところでああでもない、こうでもないと議論が多いです。
「普天間の問題」知事がどう判断するか、地元の新聞はその記事でいっぱいです。沖縄にとって大きな関心事です。レノンさんも注目してくださいね。

この記事へのトラックバック