シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅伝12秒差の勝敗

<<   作成日時 : 2014/01/27 14:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

12秒差。土・日、2日間行われた第37回県知事杯沖縄一周市郡対抗駅伝大会の金字塔だ。

25日(土曜日)早朝、14チームが那覇市の奥武山陸上競技場をスタートして国頭村役場前に向って16区間、162.5kmを走る。そして、14区間、130.1kmを走って戻る。伝統の沖縄一周駅伝。

初日は、那覇が国頭村役場前にトップでゴールした。9時間20分25秒。2位国頭、3位宮古。那覇と国頭の差さが1分58秒、3位宮古とは2分37秒。宮古を追って7秒差で八重山。接戦だった。

26日(日曜日)の復路は国頭村役場前から奥武山陸上競技場まで、往復30区間、292.3kmを2日間で走りぬいた。

総合優勝は宮古、16時間48分18秒。2位は那覇、16分38秒30秒。その差、12秒。30区は宮古のアンカー仲間正彦を那覇のアンカー尾尻琢磨が追う。尾尻が追い上げ仲間が逃げる。仲間が逃げ切る。その差12秒。

最後の区間、逃げる仲間、追う尾尻。2人の意地と意地の勝負は想像するだけで、血が熱くなる。292kmを走って12秒差の勝敗。実力伯仲。ライバル出現。これからの沖縄長距離走に大きな刺激になることでしょう。

初日の8区で区間新を出し、2日目の30区で区間賞をとった那覇の尾尻琢磨は悔しい気持を述べている。「神様がもっと速くなれと言っている」と。明日へのメッセージだ。

ラン日誌 1月26日(日)くもり
仕事でランは休み。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅伝12秒差の勝敗 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる