シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS “一九の春“

<<   作成日時 : 2014/03/01 09:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の昼三時から始まるRBCラジオの番組「民謡で今日拝なびら」を車のなかで聴いた。上原直彦さんのウチナー口で沖縄民謡を流してくれる。時間が合う時はよく聞く。1曲目は「一九の春」だった。田端義夫の「一九の春」がよく知られているが、昨日の曲は男女の民謡歌手がリュエットで歌っていた。カラオケで歌った人も曲を聞いた人も多いことでしょう。

「一九の春」
女「わたしがあなたに惚れたのは 一九の春でした。
  今さら離縁というならば もとの一九にしておくれ」
男「もとの一九にするならば
  庭の枯木をみてごらん
  枯木に花が咲いたなら 一九にするのもやすけれど

と普通は歌う。この曲は次のように歌っていた。
  「枯木に花が咲いたなら 焼いた魚も泳ぎだす」と。

沖縄民謡って含蓄があって味わいがある。「もとの一九にするのはむりですよ」とは言わず「枯木に花は咲かない」でしょうと返す。また、こん歌詞もある。
  「枯木に花が咲いたなら あけて八月に雪が降る
  「枯木に花が咲いたなら 流れる水に字を書く

知恵のある人が作ったのでしょうね。沖縄には知恵者が多いです。方言では「じんぶんむち」という。だから世の中が大らかなのでしょう。

一九の春」の曲

ラン日誌 2月28日(金)晴れ
ランは休み(仕事の終わりが遅い)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“一九の春“ シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる