シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 高良鉄夫先生の思い出

<<   作成日時 : 2014/05/18 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

高良鉄夫(たからてつお)。お名前を聞いて、ビンとくる人も多いかもしれない。“ハブ博士” “琉球大学農部長”“琉球大学学長”その高良先生が17日、亡くなられた。90歳。青春の思い出のお1人だった。

大きな体格で、微笑みながらほそぼそと話す語り口からシャレや皮肉、ユーモアが飛びだす。飾り気のない心温かいお人柄だった。研究室にはハブと昆虫の標本がいっぱいあった。

高校の時から琉大にハブ博士がいることを知って、ひそかに研究者になりたい夢を抱いた。農学部に入学すると先生の昆虫学、動物学の講座を受けた。私は植物遺伝学に興味があったので先生から直接の指導を受けたことはないが、米国留学後、非常勤講師に採用してくれたのも高良農学部長だった。

この頃は、「首里城下に蝶を翔ばそう会(高良会長)」でお目にかかることがあったが、いつも「なこうし君」と名前を呼んでくださった。

ハブの研究、西表ヤマネコ、尖閣列島のアホウドリの調査等、生涯、調査と研究に没頭された高良先生の生き方を輝かしく思う。

備考「先生の動物学の講義の中で聞いた話で今も覚えていることが2つある」
@「系統発生は個体発生を繰り返す」
A「見慣れた人は違いに気づき、見慣れない人は似た所に気づく」(よく観察する人は違いに気づくがそうでない人は似た所に気づく。違いがあっても同じに見える)

ラン日誌 5月17日(土)曇り
新都心公園 17:10〜18:20 7q
前半ジョギング、後半ペース走(19時よりEWC会議)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高良鉄夫先生の思い出 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる