シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 職人になってほしい

<<   作成日時 : 2014/06/03 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

職人。今ではその言葉を聞くことさえすくない。だから新聞にも載るのだろう。昨日の琉球新報に「開店40年三線作り一筋」と大きな見出しが目についた。

糸満市に住む66歳の金城さんが営む「金城三線店」が5月に開店40周年を迎えた。三線作りの見習いから26歳で独立し、40年間三線作り一筋に生きてきた。今も三線作りの全作業を一人でこなしている。

資金がなくてタクシー運転手をしながら三線作りを続けた。「三線作りは大好きだから大変と思ったことはいちどもない」と言う。「三線作りの賞をもらったが、一生満足することはないと思う。日々学びながら、納得のいく、良い三線を作っていきたい」と語る。まさに職人気質だ。

今朝の新聞によると(琉球新報)、大学を卒業して、就職をする。だが、就職した1年目で、21.2%(平成12年3月調査)、3年以内で50.1%が辞めてしまうそうだ。なんともったいないことか。これでは、技術が身につかずプロの技術者には成れない。

プロとは、技(技術)で金をかせぐ人(プロ野球選手の例)、技(わざ)で勝負する人のことだ。技で生きる人をプロフェショナルと言う。どんな分野でもいい、プロを目指す若者が育ってほしい。きっと豊かな人生を築くことでしょう。

ラン日誌 5月2日(月)曇り
新都心公園 18:30〜19:20 6q
スタミナ切れで走れなかった。血液中のグリコーゲンから脂肪への点火ができなかったからでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
職人になってほしい シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる