シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジルに再起を

<<   作成日時 : 2014/07/10 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サッカワールドカップ、もう一組の準決勝、オランダ対アルゼンチンは、PK戦の末アルゼンチンが勝った。決勝戦はドイツ対アルゼンチンの戦いとなる。

敗戦の余波がのこるブラジル。「惨劇」「サッカ王国の恥」と国民の怒りや失望感はいまだ覚めない。69年前(1945年)、太平洋戦争に負けた日本の状況が浮かぶ。

戦前、日本は強国だ。アメリカに負けるはずがないと多くの国民が信じていた。しかし、その神話はアメリカの軍事力に完全に打ち砕かれた。生き残った国民は悲しみに沈み、東京は焼野原になり、日本帝国は崩壊した。その光景と今のブラジル国民の心情が似ているように見える。共に国家の「威信」の失墜だ。

多くの日本国民は忘れないでしょう。1945年8月15日、昭和天皇の玉音放送(ぎょくおん)を。天皇ご自身の声で、日本は戦争に敗けた、と国民にお告げになった。そして、「堪えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」と国民の再起を願われた。悲しみを乗り越え日本は発展した。

ブラジルは「敗けて恥」と落胆しないでほしい。悔しさや怒りを放火や略奪に転化しないでほしい。「堪えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで」サッカ王国の再建に向かってほしい。

ラン日誌 7月9日(水)雨のち曇り
新都心公園 18:30〜19:30 6q
ジョギング。午前中、健診。疲れが残る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラジルに再起を シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる