シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS アリの一穴

<<   作成日時 : 2014/07/20 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、夏の高校野球の準決勝、沖縄尚学と宜野座の試合をテレビでみた。宜野座の大健闘で「もしか」が起こりそうな球場の雰囲気だったが、13−2で宜野座は破れた。

4回の裏に宜野座が2点を先取。5回の表に沖尚も2点を入れ、同点。宜野座は先発知念が力投。これは危ないと思ったのでしょう。沖尚の比嘉監督は6回から2番手の久保に代えてエースの山城をマウンドにあげ守りを固めた。宜野座知念・沖尚山城の好投で2−2のまま延長戦に入る。

9回の裏、宜野座は2死2塁のチャンス。一打出たらサヨナラの場面だった。沖尚の夏は終わるのか、頭の中に電光が走ったが沖尚は守りぬいた。

延長10回の表、沖尚の攻撃は2死2塁。ドラマはそこら起こった。次打者の打球は強いセカンドごろ。取ってアウトと思ったがボールはセンター前に抜けた。そこから宜野座の守備陣が崩れ、投手も崩れた。2死から11点を失う結果になった。

そのとき思った。「アリの一穴(いっけつ)」とはこのことか。強固なビラミットもアリの小さな穴から崩れるということわざだ。ちょっとした原因が大きな失敗を招く。野球は人生の縮図だ。油断大敵(A little leak will sink a great ship)。

ラン日誌 7月19日(土)晴れ
新都心公園 18:30〜19:30 4km 軽いジョギング
左胸の肋骨が痛い。テル整形外科で診察してもらったら骨折ではないがヒビが入っている。ブレスバンドで固定。シップテープをもらった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリの一穴 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる