小さな国の世界人―錦織圭

今日の地元二紙(沖縄タイムス・琉球新報)の一面トップは錦織選手の記事。渾身の力でマリン イリッチのボールを打ち返す写真が載っている。久々に辺野古が一面から消えた。

昨晩10時、NHKTVで、錦織選手のインタビューの映像をみた。悔しさも疲れも見せず、笑顔で質問に答えていた。24歳の青年に紳士の品格を感じた。

  ○心の内をつくような質問にも快く答えていた。
  ○簡単な質問にもていねいに説明をして答えていた。
  ○質問する人、聞く人にも気配りが感じられた。
  ○外国人記者との会見では流暢な英語で答えていた。話しのしかた表現も一流に思えた。
    (I will return next year)「来年また来ます」。

国内選手のインタビューを聞くと、「うれしいです」「さいこうです」と片言の言葉しかきけないが、錦織選手は質問の趣旨にそってきちっと話しをしていた。立派な国際人だと思った。。

ことばで表現する力がテニスコートでプレーする体のよう磨かれている。体力や技術だけではない。国際的に活躍する選手はコミュニケーション能力が大事だ。錦織選手を見よ、と言いたい。

ラン日誌 9月9日(火)曇り
ランは休み。仕事に時間を取られる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック