伝えること

台風19号沖縄は本島に接近し、朝から風が強い。予定していた仕事も延期。ランニングクラブの合同練習もキャンセルになった。土曜日なのにうちでのんびりできる。

小さい本を読んでいる。勝間和代さんの「稼ぐ話力」(相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術)。アマゾンで注文したら3日前に届いた。勝間さんは名の知れた経済評論家で、お会いした事はないが、毎日短いブログをメールしてくれる。楽しみに読んでいる。文章を書いたり講演を仕事とされている。お手本にしたいと思う人である。

読む人が読んでもらえるような文章を書く。また、聞き人が聞いてもらえるような話をする。どれも難しい。そうだ、と、思われる方もおおいことでしょう。当方もいつも格闘している相手である。知恵を貸してもらえるものはないかと、思っていたらこの本とであった。

書いたり、話したりするとき、「言いたい(書きたい)」 ことをたくさん伝えようとする。そうではない。「どうすれば相手が分かりやすいか」に視点をおいて考えなさいと書いてある。そのために頭の中を整理しなさいとも。なるほどと思った。

そうだ。相手が読みやすい、分かりやすい、親切な文章を書こう。相手が分かりやすい、聞きやすい、話し方をしよう。それにはまず練習ですね。オリンピック選手の練習を見習って。

ラン日誌 10月10日(金)強風

職員歓迎会、強風のためラン休み。2日続けての休養

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック