シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS マラソンのダメージと回復

<<   作成日時 : 2014/10/29 10:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

マラソン(ハーフでも)を全力で走ると、「筋繊維の微小な断、腱や靭帯の炎症、細胞や器官が損傷を受ける」(専門家の談)。その修復に少なくとも1−2週間はかかるという。そして、ダメージの大きさはレースを走るペースにより異なるとも。

久米島マラソンはペースが遅かったのか、ダメージも少なく回復もはやい。

ダメージ軽さの例:

  〇ゴールして脚がつらない。ケイレンしない。
  〇ゴール後、食事ができる。
  〇夜、よく眠れる。
  〇朝、ふくらはぎの痛み、ぬくみがない。
  〇階段の上り下りが普通にできる。
  〇体重がもとに戻った(増えた)50.5q→50.8s。
  〇倦怠感がない。

回復が早い例:
  ○立って又は座って前屈が普通にできる。
  ○月曜日から3.5qジョギンを始めた。
  ○火曜日(2日後)7qのジョギング。疲労感がない。

ダメージ修復に役立ったこと:
  ○食事:ゴール後グラウンドでテビチそばとバナナ、夕食にチキンの唐揚げと柿1こ(タンパク質、ビタミン補給)
  ○帰りの船の中で昼寝
  ○船のレッキでストレッチング1時間
  ○寝る前、朝起きてストレッチング

九州マスターズ大会への練習
来る日曜日に糸満で九州マスターズ大会がある。1,500mと3,000m。今日から、スパイクをはいた練習をはじめたい。
 ラン日誌 10月28日(火)晴れ
新都心公園 18:30〜19:50 7q 
軽いショギング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マラソンのダメージと回復 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる