シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 負の連鎖反応

<<   作成日時 : 2015/01/23 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のヤフーニュースにこんな記事があった。
「日本と英国の心理学者がサッカーのPKの成功と失敗例を研究した。PKで、前のキッカーが失敗すると次のキッカーも失敗する例が多い。成功するには、外したプレーをみないことだ」という。

自分の体験だが、マラソンを走る時、途中で座り込む、喘ぎながら走るランナーを見ると自分も引きずられそうな気がして見ないようにしている。このことを「負の連鎖反応」と自分流で呼んでいる。

次のケースもこの「負の連鎖反応」ではないか、と思う。

○バレーボールで、1人がサーブを失敗すると次のサーバーもミスをする。
○野球で、前の打者が三振する連続三振に倒れるケースがある。
○元気なお年寄りが老人ホームに入ると弱ってします。

仕事や生活の中でもまわりに引きずられて「負の連鎖反応」を起すようなことはないでしょうか。マラソンを走る時は、元気よく走るランナー、フォームがきれいなランナーを目で追いかける。すると萎えた体がよみがえることがある。脳がプラス反応するからでしょう。

ラン日誌 1月 22日(木)曇り
新都心公園 18:30〜19:50 7q
ジョギング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
負の連鎖反応 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる