シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 人質事件に思う

<<   作成日時 : 2015/01/29 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「イスラム国」に後藤健二さんが拘束されている。無事に帰国できるだろうか。「イスラム国」、日本、ヨルダンの三角関係がどう動くのか。どんな裏取引があるのか、世界中の目が向いている。

昨日、「イスラム国」から後藤さんの解放と引き換えに、ヨルダンに収監されているイスラム女性を釈放せよと、要求があった(報道)。ヨルダンのパイロットが後藤さんと同様に「イスラム国」に拘束されているのになぜパイロットではなく後藤さんを交換条件に出したのか。「イスラム国」のねらいは何か。推理を働かせるしかない。

日本政府はどう向き合おうのか。
 ○交渉に応じるともいえない。
 ○拒否するともいえない。
 ○ヨルダン政府に交換に応じてくれともいえない。
政府は「一切しゃべらない」

この事件は、「イスラム国」、ヨルダン、日本の3つの戦いだと思う。
  @ 心理戦
  A 情報戦
  B 時間戦

この3つの戦いは、仕事でもスポーツの試合でもある。だが、今の事件は、人命と国の威信をかけた戦いだ。どんな結末になるか。目も耳も離せない。

ラン日誌 1月28日(水)曇り
新都心公園 18:30〜19:50 7q
ジョギング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人質事件に思う シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる