シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の旅客機事故―機長を称賛

<<   作成日時 : 2015/02/06 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4日、台湾台北市の松山空港を離陸したトランスアジア航空機が離陸2分後にエンジンが故障し市内を流れる基隆川に墜落した。乗員と乗客58名の内、死亡者32人、負傷者15人、行方不明者が11人。機長、副操縦士も死亡した。

機体が住宅、ビルが密集する市街地を通り越して、傾きながら高速道路の柵をかすめて川に突っ込む映像がテレビで流れている。もし街の真中に墜落していたら大惨事になったことでしょう。よそ事ながら胸をなれおろした。

事故機のエンジンは手動操縦の状態だった。米国の航空専門家が機長は事故機を最後まで操縦し市街地への墜落を必死に避けたと指摘した。それを知って、台湾では機長をほめたたえる声が上がっている。「よくやった」「ありがとう機長」「「機長に敬礼」と。


韓国では事故を起こした船長が罵倒さ,れ,中東では人間同士が恨みと報復を繰り返している。一方、台湾では事故機の機長の行動を褒め称える声が上がる。心が温まるニュースだ。「人を憎まず」

(備考)「ハドソン川の奇跡」
「6年前(2009年)ニューヨークで、乗客155人を乗せた飛行機がエンジントラブルで飛行不能となり、機長の判断でマンハッタンのハドソン川に不時着しる事故があった。
乗客全員が救出された。ニューヨークのビル街に墜落したなら未曾有の大惨事になったことでそう。自分の判断でそれを回避したレンバーガー機長は英雄と称賛され大統領から表彰された」

ラン日誌 2月5日(曇り)
ランは休み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾の旅客機事故―機長を称賛 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる