シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「KANO」

<<   作成日時 : 2015/03/09 11:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日、桜坂劇場で映画「KANO」を見た。「KANO」(嘉農)は台湾南部の「嘉義農林学校」の通称である。「北農」「中農」「南濃」と呼ぶのとおなじでしょう。

3時間の映画だったが画面の中に吸い込まれてしまった。感動の試合、青春の淡い恋と別れ。台湾人と日本人の人情の温かさ。近藤監督の信念、選手たちの情熱。KANOは「魂」の映画だった。台所に立つとあのシーンが浮かび、涙を流しながら夕食を作った。

戦前、日本の統治下にあった台湾の南にある嘉義農林学校に元松山商の野球部監督だった近藤兵太郎が赴任し野球部の監督になる。日本人3、台湾人2、高砂族4人の混成チームを作り、スパルタ練習で鍛え、台湾代表として甲子園に出場する物語である。

1931年の第17回全国中等学校優勝野球大会(現甲子園)に出場し、札幌商、小倉中を破って決勝戦で愛知県の中京商と戦う。延長10回、11-10で敗れて準優勝した。KANOの熱血プレーに日本、台湾中が感動した。
この話を亡くなった義父から聞いたことがある。

自分の子、孫にこの映画を是非見せたいと思う。きっと感じるものあるでしょう。私は泣いた。

ラン日誌、3月8日(日)曇り
休養

主演 永瀬正敏

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「KANO」 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる