ミミズの糞(フン)について

画像
ミミズの糞(フン)を見たことがおありでしょう。私は昨日、感心するほどミミズの糞(フン)をみました。場所は浦添市営グラウンドの野球場と体育館の間にある土手の芝生の中です。芝生の上を走ろうとすると足の踏み場もないほどミミズの糞の塊が小さな塚を作っていました。

ミミズの糞は、形も色も沖縄の伝統お菓子「さーたーあんだぎー」に似ています。茶色で丸く、ぶつぶつのところも似ています。ミミズの糞塊といいます。ミミズが土や土の中の落ち葉などを食べたあと糞として土俵に運んだものです。

ミミズの糞には窒素、リン、マグネヒューム、鉄分など栄養分が豊富に含まれ、植物の大事な栄養素になります。有機質肥料とし販売もされています。またキューバではミミズを使った有機農業が盛んです。

幼少の時から父からよく言われました。ミミズがいると土が肥えていると。後で分かったことですが、ミミズが土を耕し有機物を供給するからだと。これは進化論で有名なダーウンが発見しました(ミミズと土の研究)。

私はミミズサポータです。野菜などの台所の屑は庭に埋めます。ミミズにエサを与えるためです。家族からは汚いと嫌がられますが、土を肥やし植物に栄養を与えるミミズを元気にして自然界の助け合いの働きを支えたいと思います。それが人間の生きる道です。

(写真 ミミズの糞塊(インターネット画像)
注 〇ミミズの糞は梅雨の時期の朝と夕方に多くみられます。
  〇土の上でしたらどこでもみられますが、特に多いのが西原町グラウンドの土手の芝生のなかです。
  〇一方、ミミズはゴルフ場や芝生愛好者には嫌われています。人間の我がままでしょうか。

ラン日誌 6月8日(日)曇り
浦添市営グラウンド 16:30~18:00 7㎞
ジョギング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック