シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS ランニングと活性酸素

<<   作成日時 : 2015/07/29 15:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

50歳代の同僚がいる。高学歴でITの専門家。お腹が出ているので「少し、走るといいですよ」とアドバイスしたらおもしろい返事が返ってきた。

「走ると体内に活性化酸素が増えて、ガンのリスクが高くなるし、細胞も血液も酸性化して老化を早める」だから走らないと、言う。とても含蓄のある理由だ。走ると体内の活性化酸素が増えて有害だという理屈だ。

そういえば、EMの本にも、活性酸素は細胞や皮ふ、骨を傷め、老化を早めると書いてあった。だから、走るのは健康に良くないと。「健康」の本にもそういう説明がある。鉄筋が錆びて(酸化)ぼろぼるになるのを例にあげて説明する人もいる。

ランナーズ8月号(ランニングによるストレスは抗加齢能力を活性化させるp33)にこんな説明がある。

「ランニングは、酸素をたくさん取り込んでエネルギー生産をするため体内に活性化酸素が大量に発生します。・・・トレ−ニングをすることで、細胞のエネルギー生産を担うミトコンドリアの質や量が向上し、その結果、活性酸素に対抗する力が高まることがわかってきた」

なるほどそうか。活性化酸素が体内に増えたらそれを取り除こうと細胞内でミトコンドリアが反応する。そしてますますその働きが強める。体が傷つけば治そうとする。故障すれば修理して再生する。それが生命体(生き物)の神秘な仕組みだ。わたしはそれを信じて走る。無機物と生命体は違う。

ラン日誌 7月28日(火)晴れ
新都心公園 18:30 ~19:40 8km
ジョギング

注 ネパールの日本語学校関係者の来訪がありブログを書くのが遅れました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランニングと活性酸素 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる