シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界女子マラソン

<<   作成日時 : 2015/08/30 12:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日の朝、8時半から世界陸上の女子マラソンをテレビでみた。

30q過ぎまで日本の重友梨佐、前田彩理が先頭集団を引っ張り、伊藤舞がつく。3人とも快調な走りで、優勝争いにからむかと期待したが、35qからケニア、エチオピアの選手が抜け出し、日本選手3人は第二集団に落ちた。

第二集団の最後尾についていた伊藤選手が、36qから集団を抜け出し、7位に上がった。前田13位、重友14位。1位エチオピアのテイババ、2位ケニアのキブロブ、3位バーレインのキレワだった。

日本選手3人もと体型も違う。腕の振り方が3人とも違う。重友選手は両腕を前後に振る。前田選手は少し横に広げて振る。伊藤選手は左右のこぶしを胸の前で交差させるように振る。

重友選手の腕振りが基本だと思うが、前田、伊藤選手の腕振りは、基本通りではない。マラソンを走るのに腕振りの形にこだわる必要なない。自分に合うフォームで力を抜いて楽に腕を振ればいい。個性的あっていいのだ。中盤の走りを見ながら気づいた。

やっぱりマラソンの勝負は35qからですね。

ラン日誌 8月29日(土)晴
新都心公園 17:00〜19:20 17.5q

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界女子マラソン シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる