春は霞みか雲か

今日の空模様をなんというのでしょう。「霧」「霞み」「もや」というのでしょうか。朝、外に出ると辺りの景色がぼやけて100m先も見通せない。空が濃い霧に覆われている。

沖縄では4月1日から清明(シーミ―)の季節に入った。この時期の霞みかかった天気を昔の人は「シーミ―ブッキ」といった。昔の人は季節感が鋭い、と思った。気象情報もなかったのに、ちゃんと季節の天気の特徴を知っている。

1年の季節の移り代わりを昔の人は草木の色づき、小鳥の鳴き声、空の色で感じ取っていた。本能的な知覚力というか感受性が発達していたのでしょうか。今の人は、他人発の情報に頼りすぎ、季節の変化に気づく、危険を察知して身を守る本能が退化してはいないか、とかすかに感じた。

スマートホーンやイヤホン、テレビやパソコンに頼らず自分の目、耳、皮膚、脳で自然の景色や自然の音楽を楽しむ。新年度の緊張も和らぎます。「春は霞みか雲か」(独り言)。

ラン日誌 4月4日(月)曇り
新都心公園 18:30~19:10 3.5km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック