式辞:キーワードは「努力」の二文字

昨日、入学式が北谷町のニライセンターであった。ネパールからの入学生をふくめて140人の新入生が入学した。式辞を述べた。式辞をご紹介して今日のブログといたします。コア―メッセージは“努力”。

                         平成28年度入学式
                              式辞

平成28年度専修学校サイ・テク・カレッジ第21回、学校法人南星学園サイ・テク・カレッジ那覇第16回の入学式を迎えるにあたり式辞を申し上げます。
ご父母の皆さま、ご来賓各位にはお忙しい中、ご臨席をたまわり誠にありがとうございます。
新入生のみなさん、みなさんのご入学を教職員、在学生一同心から歓迎をいたします。
本校サイ・テク・カレッジグループは、学校教育法に基づいて設立された専門学校でございます。文部科学省の規程により、2年間で建築学科は1800時間、他の学科は1700時間以上の授業を受講しないと卒業できません。2年間の全課程を修了しますと文部科学省の告示により、卒業証書と専門士の称号が授与されます。
今日はそのスタートの日です。2カ年後には、各専門分野の国家資格を取得し、心身共にたくましい社会人になって卒業の日を迎えて下さい。
去った3月、本校環境土木科を卒業した宮城稜太君のお話しをします。心が穏やかで、笑顔を絶さず、誠実で素直な学生でありました。卒業式で栄えある理事長賞を受賞しました。2年間、全学科オール優でした。
また、全国専修学校スポーツ連盟からスポーツ最優秀学生として全国表彰を受けました。硬式テニス男子シングル・ダブルス2種目で全国制覇を成し遂げたのです。
そして、在学中に土木施工管理技士2級、造園施行管理技士2級、測量士補の国家資格を取り、公務員試験に合格し、沖縄県土木部に就職しました。
宮城君は、アルバイトしながらテニスの練習、学校の授業、国家試験に挑戦しました。だから彼はいつも輝いていました。1日24時間、1年8,760時間、2年で17,520時間、みんなと同じ時間の長さではありませんか。どこが違うか。「努力」の二文字です。「努力」は人を宝石にする。
「よしおれも」心の中に希望の火を灯してください。「おれもやる」と心の中に「努力」二文字を刻んでください。
Dear students from overseas, you are asked to make yourself to get over language gap. Study hard and work hard. Then you will be rewarded.
みなさんのご健闘を期待し、式辞といたします。
                                 平成28年4月7日
                                 専修学校サイ・テク・カレッジ
                                 学校法人 南星学園
                                 サイ・テク・カレッジ那覇
                                 学院長 仲尾次嗣明


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック