シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰か故郷を想わざる

<<   作成日時 : 2016/05/03 12:13   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

バガンスライフの初日。7時過ぎ沸かしたてのコーヒーを飲んでいると、妻が起きてラジオのスイチを入れる。いつもの懐メロ番組。毎朝、忙しく出かけるので、この番組を聞くのは休みの日だけ。休日のやすらぎ感に懐メロの曲が花を添え、バガンス気分が高まる。

流れて来る歌は「誰か故郷を想わざる」。作詞:西条八十、作曲:古賀政男、歌:霧島昇。昭和15年(1940年)、私が3歳時に歌いだされて歌である。「故郷を想わない人がいるだろうか」。南方の戦地でこの歌を聞いて、兵士たちはみんな泣いたという。

戦場にいる若い兵士たちは田舎の出身が多い。田畑があり、森に囲まれ、川が流れる土地で育った。歌を聞いて「ふるさと」の思い出が噴出したのでしょう。歌の歌詞がこころを打ったのでしょう。

一 番
「花摘む野辺に 日は落ちて
みんなで肩を組みながら
唄をうたった 帰りみち
幼馴染のあの友 この友
誰が故郷を想わざる」

2番、3番と続く。
幼馴染のあの山、この山、
あの夢、この夢
誰か故郷を想わざる。

田舎の思い出。こころのふるさと。バガンスだからこの歌が味わえるのでしょう。こころを清めてくれる。

ラン日誌 5月2日(月)曇り
新都心公園 19:00〜19:50 3.5q
ジョギング。右腰に痛みを感じる。無理しない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰か故郷を想わざる シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる