当事者意識―敗れた男子バレーに学ぶ

昨日、東京体育館で行われたリオオリンピック出場権をかけた男子バレーの世界最終予選、日本はオーストラリアと対戦し、0-3で敗れた。1セットでも取れたらよかったのにと、悔しかった。

第3セットからテレビでみた。

オーストラリアの高さに対して日本はサーブで攻めた。石川、柳田、清水のアタックは相手の度肝を抜くほど強烈だった。リベロ永野のレシーブ、米山、福澤、深津、出来田、富松の左右攻撃も素晴らしかったが、27-29で第3セットも失った。

試合後のインタビューを聞いた。
   ○南部監督:選手たちは力の限り戦ってくれた。
   ○清水選手:結果が出ず、悔やんでも悔やみきれない。
   ○石川選手:もっと練習して実力をつけるしかない。

試合には負けたが、言い訳のことばは誰からもなかった。選手たちの当事者意識を強く感じた。おれたちが主役だった、と。敗因を外に求めなかった。

沖縄は、所得が低い、貧困者が多い、子どもの学力が低い、離婚率が高い、失業率が高い、高齢者の死亡率が高い。それを外部要因に責任転嫁していなきか。県民、自らが当事者意識を持つべきだ。さもないと強くなれない。

ラン日誌 6月2日(水)曇り
新都心公園 18:30~19:30 7km
3㎞のジョギング、3㎞のレース走。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック