年金と甘い言葉

地元紙、沖縄タイムス27ページ、琉球新報29ページに「あなたの年金が危ない」と大きな広告が載っている。なんだ、これは、と思った。

年金は、高齢者には命綱、働き盛りの人には人生設計の柱、18歳以上の若者には将来の糧。年金は国民の生活を守る大切な社会保障制度である。それが危ないといわれるとだれでも不安になる。不安にさせて得するのはだれか。

広告の内容はこうだ。
「現在、140兆円の年金積立の半分は株式に投資している。年金が危機にさらされている。民進党は株式への運用比率を下げ、あなたの年金を守ります」。守ってくれるのはありがたい。だが、年金支給に充てる果実をどうして生むのですか。

積み立てた年金の運用益で年金が支給される。株式での運用は危険も伴うが収益性は高い。政府も安全で収益性の高い運用方法を模索しているはずだ。年金の運用は政府に任せたい。

参議員選挙運動中のさなか、A党首の街頭演説が浮かぶ。
「みなさん注意してください。甘いことばと00党」。
“甘い思いや 夢でなく”真剣に日本の将来を考える政党に投票したい。

ラン日誌 7月6日(水)曇り
新都心公園 18:30~19:30 7㎞
ランニング





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック