シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS メモの取り方―長崎見聞記を書いて

<<   作成日時 : 2016/10/30 20:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長崎見聞記を6回に分けて書いてみて一番感じたことはメモの粗雑さだった。

長崎にいる間、見みるもの聞くものがいつもと違うものがあると気づいたらすぐにメモした。バスに乗っている間でも座っているときでもメモを取った。そのメモを頼りに長崎見聞記のブロを書いた。

書いていると困ったことがたびたび起こった。
1つは、書いたメモが読めない(いそぎ書きした)。
2つは、書いてはあるが意味がわからない。ちぎり、ちぎり書いてある。

例えば、美しい風景に出会ったとき、「きれい」とか「すごい」としか書いてない。人から話を聞いて、「共感」したとか「感銘」したとメモしてある。その光景や話を再現しようとすると、メモの中身が空っぽで、使い物にならないことがあった。

反省した。興味の対象をとらえるのは心だが、メモを書くのは目と耳と手であるべきだ。感情を捨て、見たもの聞いたことを細かく書く。細部を具体的に書かないとメモにならない。5W2Hを基本にして事実を簡潔に書く。それが使えるメモの取り方だと知った。

体験をしてしか学べないものだ。新聞記者になったつもりメモを取ろう。

注:土曜日、源河の妻の実家に泊まった。このブログの半分は今朝、朝食後書いた。それか孫娘の新人バレーボールの応援で北部農林高校へ行く。ブログの半分は北部農林で車の中で書いた。それで遅くなりました。

ラン日誌 10月30日(日)晴
源河06:00〜07:00 6q ジョギング



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メモの取り方―長崎見聞記を書いて シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる