車エビ70万匹死ぬ

「久米島車エビ70万匹死ぬ」(今朝の沖縄タイムスの見出し)。「70万匹」の数字に目をみはった。沖縄の人口の半分ではないか。

10月3日、台風18号が久米島を襲った。久米島には「久米島総合開発株式会社」が経営する6カ所の車エビの養殖場があり、500万匹を養殖している。台風による停電で、養殖場に酸素を送る水車が回らなくなり、酸素欠乏でエビが死んだ。

11月から来年の4月までがエビの出荷時期。年末、年始の贈答品として期待していたのに、手のひらから金貨が抜け落ちてしまった。被害額は3,000万円以上という。

久米島は全国養殖エビの15%を生産する車エビの特産地。海洋深層水を利用して、産卵用の親エビを養殖して産卵、ふ化させ、稚エビを育成し、車エビの一貫養殖を産業化している。

70万匹が死んでもきっと立ち上がることでしょう。1匹のメスエビ(体長20㎝)が1回に70万~100万個の卵を産卵してくれる。再起を願う。エビてんぷら、エビうどん、エビフライ、サラダ。エビは身近な食べ物だもの。

ラン日誌 10つき5日(水)曇り
18:30~20:15 7.3㎞



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック