シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇陛下と狸のフンの研究

<<   作成日時 : 2016/10/09 09:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日朝の出勤時に、NHK7時のニュースを聞いた。「まさか」と思った。天皇陛下が狸のフンを研究し、論文を発表されたというニュースだった。

内容は:
天皇陛下は日曜日には皇居にいる狸が排便する「ため糞場」に行かれて糞を採取され、顕微鏡で観察された。フンの中に植物の種子がないか。その種は何の植物の種か。観察を続けられ狸が食べる植物を明らかにされた。その研究論文を発表された。

狸は写真でしか見たことはないが、森の中に棲み、ネズミ、カエル、魚を主に食べ、植物も食べる。狐はまた決まった場所に糞をする習性がある、という。「ため糞場」は狸のトイレのことである。

「まさかあ」と思ったことは:
○天皇陛下が狸のフンを集めて観察されとは、常識では想像もつかない。
○激務の日々の中、日曜日にはご自分の研究をされておられたとは。
○2009年1月から2013年12月まで10年以上も観察を続けられた。

天皇陛下の好奇心、忍耐強さ、知的チャレンジ(論文の執筆)に頭が下がります。お互いも本職だけに甘んじていけない。「生活のための仕事」と「生きがいのための仕事」を両立させないものだ、と思った。

ラン日誌 10月8日(土)晴れ
新都心公園 18:30〜20:00 7q
ジョギング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇陛下と狸のフンの研究 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる