身体に神宿る

日曜日午後、4時間のLSDをした。21㎞の距離で短かったが2㎞の上り坂を走った。終わって、ちぢんだ腰の筋肉を伸ばそうとお尻を踵につけるように屈伸した。それがいけなかった。

立つと腰が痛い。歩けない。あえぐようにしえ部屋に入ったが、それからは一歩も歩けない。椅子をつかまえて立っていると5分おきに激痛が来る。そのつど悲鳴をあげた。孫の肩にすがって畳の間に行きテーブルの前に座った。着替えもできない。

1時間ほど座っていると痛みが少し止んで寝どこまで歩いて行き、仰向けで寝た。朝起きると痛みか軽くなっている。普通通り出勤した。午後、近くのてる整形クリニックに行った。レントゲンをとっても骨に異常なし。筋肉の炎症と診断された。

夕方帰宅すると痛みはほとんどない。あれほど痛かった腰が1日で治っている。自分でも不思議だった。妻も信じられないという。今朝は走れそうだ。

私は思った。体の中に神が宿っている。腰の痛みは神様の罰だった。神様が罰を解いてくれたのだ。体の神様に感謝します。

ラン日誌 3月13日(月)雨 ランは休み





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック