何のために走るか


40年近く走っているが、「なんのために走るのか」は考えたこともない。聞かれると「好きだから」「走りたいから」としか答えない。

でも、「生物の行動は利益によってコントールされる」という行動心理学の立場に立って考えると、「利益」があったから走ってきたのだと気づいた。即ち:

○ 体重が落ちた。
○ 体形が良くなった。
○ 疲れにくくなった。
○ カゼを引かなくなった。
○ 血圧が下がった。
○ 身体の動き良くなった。
○ 内臓機能が良くなった。
○ 思考力・発想力が良くなった。
○ 競技の記録が良くなった。
○ 競争相手と勝負できるようになった。
○ 仲間との交流の輪が広がった。
○ 生き方が前向きになった。

だから、走るのが好きになったのだ。自分も「利益」があったから走ったのだ。行動心理学の理論は自分にも当てはまることに気づいた。

結論。「人は何のためにはしるのか」。私の答えは、好きだからとか趣味だとかで走るのではなく、走ることで利益(成果)が得られから走るのである。1例を上げれば、体重を抑える、走行距離を伸ばすために今日も走る。すなわち、期待利益を得るために人は行動するのである。利益がさらに行動を強化する。

ラン日誌 6月27日(月)晴れ
ランは休み。雨と疲労。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック