シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 老後は「しなう」生き方が良い

<<   作成日時 : 2017/06/30 10:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

28日の五木寛之さんの講演を聞いて印象に残った言葉がある。「しなう」。
歳をとると愚直に生きるより「しなう」生き方が良い、とのお話しだった。

「しなう」とは弾力があって圧力がかかっても折れずに柔らかく曲がること(インターネット)。木の枝に雪が積もると折れる枝と折れない枝がある。固い枝は折れるが柔らか枝は」「しなって」曲がり、折れない。こんな例えを話しておられた。

そうだ。歳をとると体が思うに動かない。その上、記憶力、思考力も落ちて、なんでこうなったのかと自然に自己不信、自己嫌悪に陥りやすい。そして、他人への不信、社会への不満、恨みが募って孤独になる。心も固くなって融通が利かなくなったのだろうか。

「悲しみも喜びも」咀しゃくして「しなう心」で老後を生きてくださいとのメッセ―ジだった。上体を後ろに反らす荒川静香選手(フィギアスケート)のイナバウアーの姿が浮かんだ。上体を大きくさらしても倒れないのは体が柔らかく「しなう」からできる技だ。「しなう心」をつくりたい。

ラン日誌 6月29日 雨
新都心公園 18:30〜19:50 7.2q ジョギング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老後は「しなう」生き方が良い シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる