比嘉大吾選手の凱旋祝賀会

今日、ボクシングWBCフライ級チャンピオンの凱旋祝賀会がパシフィックホテルである。新聞がその特集を載せている。「比嘉大吾WBCフライ級王者・世界制覇への道のり」を読んだ。こんなエピソードを本人が語っている。

○ 高校時代、減量に耐えきれず夜中に父に見つからないように押し入れに隠していたお菓子を食べた。
○ 試合前の強化合宿では、朝4時半に起床し、15~16km走った後、足腰を鍛えるためさらに往復2kmの砂浜をはしった。練習で弱音をはかなかった(金城監督)。

宮古工業高校を卒業して上京。ジムの近くにアパートを借りて倉庫会社で荷物搬送のアルバイト。終わってジムでの練習。朝のロードワーク。

比嘉は語る。
「親に1度も生活費を求めたことはない。それをしないと勝てないと思った」
リングの上は甘くない。生活もリング上と思って生きたのでしょう。「わんもカンムリワシになる」。比嘉選手の強い気持ちが伝わる。



ラン日誌 6月8日(金)晴
新都心公園 18:20~19:20 4.5km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック