我喜屋発言は社会の常識か非常識か

産経新聞が、5月22日、興南高校野球部監督(理事長)のインタビュー記事を掲載した。内容を要約すると、①スポーツではルールを守る、②決まったことに従う、③審判の判定を尊重することが大事である。その上に、差別や被害者意識をもっては試合に勝てない。だが、沖縄の社会にはスポーツ精神に背く言動が見受けられる。そういう意味の発言だった。

我喜屋発言に対して、
〇6月2日の琉球新報の「声」の投書があった(県民の常識とは?)。
〇7月2日の琉球新報に記者が我喜屋監督に確認のインタビューをした記事が載った(我喜屋氏発言が波紋)。
〇7月7日の琉球新報の「声」の欄に投書「我喜屋氏の釈明」が載った。
〇7月7日の同紙の論壇に「我喜屋氏発言を憂慮する」の投稿が載った。

いずれの論考も我喜屋の発言は県民の意思に反するとの批判的な意見だった。

私は、野球のルール、マナー、審判の判定に従うことは、社会人の行動でも常識ではないのか。我喜屋監督の考えは非常識なのだろうか。頭の中で葛藤している。

ラン日誌 7月6日(木)晴れ
新都心公園 18:20~19:30 8.3㎞ 6㎞のペース走



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック