“ハマノシーサー” 嶺井捕手

横浜DeNAが日本シリーズ進出を決めた。奇跡が起こった。休火山が爆発した。こんな例えを出したら、大げさと、一笑を買う(笑いものになる)でしょうか。

昨日の広島対DeNAのクライマックスシリーズのファイナルステージの第5戦。
広島が初回に2点を先取したが、DeNAは2回に宮崎の本塁打、3回に桑原の2ラン、5回に筒香が2ラン、8回に梶谷が2ランを放って逆転し、9-3で勝った。休火山が爆発を見るような勢いだった。

DeNAは7人の投手の継投で勝った。リードしたのは嶺井捕手。レギューラ―シーズンでは、戸柱が正捕手、2番手は高木、嶺井は3番手だった。嶺井の出番は11試合しかなく、2軍暮らしが多かった。しかし、ラミレス監督は、クライマックスシリーズの全試合に嶺井を起用した。運気を感じたのでしょうか。

嶺井捕手のあだ名は“ハマのシーサー” DeNAの守り神。28日から始まる日本シリーズでもシーサーのごとく構えて勝利を呼び込んでほしい。

ラン日誌 10月24日(火)曇り
新都心公園 18:15~19:10 5㎞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック