シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS けいれんの原因(犯人)は?

<<   作成日時 : 2018/01/24 10:16   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

画像21日のNAGOハーフマラソンの時に起こったけいれんの原因を突き止めたい。刑事ドラマの犯人探しの心境で推理を働かせている。

事件のあらまし(けいれんの発生)はつぎのとおり。

〇16q直後にけいれんが起こった。
〇けいれんは20qまで約4qの間続いた。
〇20qからけいれんは収まり、正常に戻った。

けいれんの容疑者(原因)と考えられる脱水、塩分欠乏、筋肉疲労、無理なフォーム、等々をチックしたが、犯人を確定する証拠はみつからない。

最も疑わしいのは、血液中のグリコーゲンの枯渇と推察される。マラソンの途中、走るエネルギー源となるグリコーゲンが不足し脳が脳の活動を支える糖質欠乏を予感し、走るのを止めさせる指令をだした、と考えられる。その証拠がある。

@ NAGOハーフを完走して消費したエネルギー量は、676Kcal だった(1km当たり32.2kcal)
A 21qを走るのに要するエネルギー(標準値)は、1071kcal「51s(体重)x21q=1071kcal」
B 標準値の63%(676/1071kcal)しか使用されなかった。
C つまり、運動エネルギー(グリコーゲン)の体内供給が消費量に追い付かず、脳がランニング抑制の指令を出したものと推察される。
D けいれんは、エネルギー不足のために脳が発したランニング中止のシグナルだった。

けいれんの間、黒砂糖、塩飴を絶やさず食べた。残り1qで復活したのはグリコーゲン補給の結果だったと考えられる。このこともけいれんの犯人(原因)はエネルギー不足だったことを裏付けている。

素人刑事の犯人捜しゲームをしているみたいですがコメントを頂ければありがたい。その背景については明日かきたい。

写真:AVRCより

ラン日誌 1月23日(火)曇り
新都心公園 18:30〜19:50 7q



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
けいれんの犯人は、グリコーゲンではありません。
電解質のバランスが崩れたせいです。
当日の気温が高かったことが一因にあると思います。
詳しくは練習会で大塚さんに話してもらいましょう。
ojr
2018/01/24 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
けいれんの原因(犯人)は? シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる