桜とメジロ

午後6時過ぎ、那覇市の新都心公園に行くと桜の花が咲いている。ピンク、黄色の色をちりばめて可憐の花びら。葉を落とし裸になった枯れ木に艶やかな服をまとったようで、一層、美しく見える。きれいだな、思わずつぶやく。

桜の木の枝でメジロが「チューチュー」と飛び交っている。なんで、桜の木にメジロが集まるのかね。なんでかね、と不思議に思いながら眺めていた。花の蜜を求めて小さな虫が集まるのでそれを狙ってメジロが寄ってくのかと、思っていた。でも、それは間違いだった。

メジロは甘い物が大好きで、桜の花の蜜を食べにくると、インターネットで調べて分かった。メジロの口ばしは細くて長い。細い口ばしを花の奥に差し込んで細かな舌をだして蜜を吸っていると書いてあった。なるほどと納得した。

1本の木に数匹集まって、チューチューと声を出しながら、枝の間を跳びうつる。動きがキビキビしてしなやか。瞳がパッチリして目の周りを白い毛で縁取っていって愛らしい。だから、「メジロ」というのでしょうか。

沖縄の方言では「そーみなー」、英語では「white eye(白い目)」という。

ラン日誌 2月21日(水)曇り ランは休み(仕事で遅くなる)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック