シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田敬蔵とボストンマラソン

<<   作成日時 : 2018/04/20 10:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉県庁職員の川内優輝さんが第122回のボストンマラソン優勝で、65年前のことを思い出した。

1953年、中学3年の時。「中学時代」という少年雑誌で山田敬蔵「ボストンマラソン優勝」の記事を読んだ。ボストンのこともマラソンが何なのかも知らなかったと思うが、日本人“世界新記録”という文字に心が躍った。タイム“2時間18分51秒”の記録が今も脳裏に刻まれて消えることがない。

65年前、なんで、16歳の田舎少年が山田敬蔵のボストンマラソン優勝に深い感銘を受けたか。不思議でならなない。貧しかった少年に夢の扉を開かせたのだろうか。後年、マラソンを走ると、予言したのでしょうか。不思議な縁を感じる。

山田敬蔵さんが1953年の第57回ボストンマラソン大会で優勝したのは25歳の時だった。その後、70歳以上の部で4年連続優勝された。
 1998年 70歳 3:38:50 優勝
 1999年 71歳 3:36:26 優勝
 2000年 72歳 3:27:31 優勝
 2001年 73歳 3:39:32 優勝
それから、76歳で3:56:48秒(2位)。76歳までサブスリーとして活躍された。

2009年7月、81歳でフルマラソンから引退された。今年91歳。記録には及ばないがお手本にしてより長くマラソンを走りたい。

ラン日誌 4月19日(木)曇り
新都心公園 18:30〜19:20 1km 歩行練習

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山田敬蔵とボストンマラソン シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる