「ユル走」と「ガチ走」―新発見

アミノバリューランニングクラブの練習会があった。

今日の練習メニユーは「ユル走」と「ガチ走」。前にもこの言葉を聞いた覚えはあるが意味が良く分からなかった。始まる前に、尾尻先生が「走るとき、(糖)エネルギーを節約し、その代わりに(脂肪エネルギー)を使う走り方」の練習法だと説明してくださった。

「ユル走」はゆっくり走ること、「ガチ走」は全力で走ること。その練習をした。
① 1回目の「ガチ走」1km。タイム5.26分
② 3分間休んで、2回目の「ガチ走」1km。タイム5.23分
③ 3分間休んで「ユル走」6km。平均ペース9:52分/km
④ 休憩中にスポーツドリンクは飲まないこと(エネルギー補給は避ける)

これまで3つの問題が頭から離れなかった。
1つは、脂肪エネルギーを使って走る方法はないか
2つは、マラソン中、スタミナ切れを防ぐ方法はないか
3つは、走って体脂肪を効率よく消費する方法はないか
その答えが今日見つかった。「ユル」・「ガチ」走だ。

マラソンの持久力の原理と減量の原理が合わせて理解できた。Happy!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック