シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 走る速さとエネルギー消費量の関係(実証テスト)

<<   作成日時 : 2018/05/28 10:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

運動と消費エネルギー量の関係については、専門家の研究により、消費エネルギー量=運動の強度×時間、と説明され、常識となっている。

だが、同じ距離(例えば1km)を走るのに、早く走るのとゆっくりはしるのとどちらが多くのエネルギーを消費するのか。実証的に知りたかったので26日(土)の浦添グラウンドで行った400bインタバル走のデータをもとに考えてみた。

下の表は、400bのタイムを1qbに換算したラップライム(速さ)である。
距離(b) タイム(1q換算分) エネルギー消費量(1q当たりkcal)
440      5:02(4位)             27.24
400        4:40(3位)            22.50 
400      4:25(2位)            22.50
420       4:15(1位)            21.42

ユル走(3100) 7:37(5位)           34.64  


この表から分かることは:
  @ ラップタイムが遅い順にエネルギー消費量は逆に高くなっている。
  A 目立つことは、1q7分37秒ペース(遅い)のユル走だと1q当たりのエネルギ―消費量は34.64kcalになり、最速(4:15)より47.7%増えている。

結論:
  @ 1定の距離を走る(歩く)時は、早く走るよりゆっくり走ると消費エネルギー量が増える(時間を無視する)。
  A 距離を1定にすると、消費エネルギー量は走る(歩く)速度に反比例する
  B これは私の経験則で、仮説である。
 
ラン日誌 5月27日 17:30〜19:00 7q

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
走る速さとエネルギー消費量の関係(実証テスト) シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる