逆転サヨナラの歓喜

昨日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた福岡ソフトバンホークス対北海道日本ハムファイターズの試合は3時間50分に及ぶ激闘だった。仕事帰りの車の中で、夕食を作りながら、食事をしながらラジオを聞いた。劇城で沖縄芝居の大作を堪能したような感動の余韻にひたった。日本ハムの上原健太投手の好投も光った。

今朝に新聞の見出しが熱戦の余韻を伝える。
「上原粘投 故郷に帰る」(タイムス)「上原熱闘里帰り」(新報)
「上原劇的勝利に一役」
「沖縄に歓喜のスコール」
「ハム9回食らいつく、2死から逆転さようなら」

日本ハムの先発は上原健太投手。不安を一掃するように好調な立ち上がり。3回に犠打で1点を失い、4回には2死、1、3塁のピンチを2ゴロに打ち取りミンチを脱す。1番川島、2番中村晃、3番内川、4番柳田と並ぶ恐怖のホークス打線を4安打、1失点に抑えて、5回まで投げ抜いた。

日本ハムは8回にも1点を失い、勝負あったかと思われた。だが、9回裏に奇跡のドラマが起こった。

日本ハムは9回裏、1死。アルシアのソロで1点。レアードが3振に倒れ2死。そこから、横尾がセンター前ヒット、鶴岡レッドボール、1-2塁で代打田中賢介がセンター前へ、同点、西川が歩いて満塁。太田がファーボールを選び押し出しの逆転サヨウナラ。今季初の逆転サヨナラ勝ち。40勝1番乗り。首位西武に0.5ゲーム差と迫る。日ハムファンが歓喜に沸いた沖縄の夜だった。

人生も逆転サヨナラの歓喜で終わりたいものだ。

ラン日誌 6月27日(水)晴れ
新都心公園 18:30~19:50 4㎞ ジョギング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック