日本サッカーフェアプレーポイントで勝利

今朝、午前0時過ぎに終了したサッカーワールドカップ ロシア大会。日本は決勝リーグ進出をかけて、ポーランドと対戦した。結果は、0-1で敗れた。1勝、1敗、1引き分け。決勝進出なるか、神だよりしかなかった。

別のコートでも、決勝トーナメント進出を目指して、コロンビアとセネガルが戦っていた。セネガルが勝つと、日本の夢は消える。負けると種火は残る。試合は1-0でコロンビアがリードしていた。

セネガルが負けると、勝ち点4で日本と並ぶ。得失点差、総得点差が同率で共に2位。次に問題になるのが、日本とセネガルの反則数(フェアプレーポイント)の差。2試合を終えて、日本は3、セネガルが5。エローカード2枚の差。

コロンビア1点リードの情報がポーランド戦のさなかに日本側ベンチに入ると、ポーランド戦の作戦を一変させた。
  ① ボールを回せ
  ② 攻めるな
  ③ 反則するな
  ④ 時間を稼げ

日本の作戦は「何もするな」「リスクを冒すな」。「戦わずして勝つ」。とても珍しい戦い方をした。ブーイングが起こっても耳をかすな。「我慢だ」と。結果、日本は宿願の決勝トーナメント進出を果たした。決勝トーナメントでは日本サッカーの強さを世界に見せてほしい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック