金足農業高校の健闘を讃える

8月5日に開幕した第100回全国高校野球選手権大会が21日に幕を閉じた。昨日の決勝戦で大阪桐蔭が秋田の金足農業を下し、優勝した。

今年の夏の大会で一番印象に残るのは秋田県の金足農業高校の試合だった。金足農は秋田県代表として103年振りに決勝に進み、東北初優勝の期待と希望を背負って臨んだ決勝戦だったが大阪桐蔭の力の前に屈した。

金足農の健闘を讃えたい。地方の公立高校が東京、神奈川の野球名門の私立高校に勝って決勝戦に勝ち進んだ。吉田投手の力投も光った。近江高校戦では9回裏に逆転サヨナラの2点スクイズもあった。「勝って地元の期待に応えたい」。選手、監督のひたむきな気持ちがプレーにあらわれていた。優勝してほしかった。

今の日本。少子化と高齢化。地方の過疎と都市の過密化。高校野球でも、有望な高校生が地方から都市の高校に野球留学する。都市は栄え地方は衰退する。この流れを逆流させなければ日本の明るい未来はない。

地方の高校でも野球が強くなれる。地方も再生する力がある。そんな意識と希望を象徴するような金足農業の闘いだった。

ラン日誌 8月21日(月)曇り
新都心公園 18:20~20:10
ユル4㎞、ガチ(1.2km×2回)平均移動ベースで4:48/kmを出した。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック