本番前のコンディショニング

どんな競技や演技でも本番前になると追い込み練習をしたくなる。だが、練習が過ぎて本番で力を出せないこともしばしばある。

9月22日―24日に全国マスターズ大会がある。その練習で8月1日から1㎞のガチ走を始めた。1日3セット。8月に13回行った。さらに、9月からは4㎞のガチ走に代えた。ユル走で4㎞走った後、4㎞のガチ走をする。今日までに4回走った。追い込み練習を続ける予定だったが月曜日(10日)のガチ走を最後に、ガチ走練習を早めに終わった。

疲れに気づいた。①体が重い、②気力がない、③食欲がない、④腰に痛みがある、⑤両足のフクラハギが張っている、⑥全身の体の部位が硬い。無理をすると故障の危険性あると思った。

今後は、4㎞-5㎞のジョギンを続けてコンディションを整えたい。コンディション作りは「疲労回復」と「減量」を同時に実現すること。「矛」(ほこ)と「盾」(たて)の関係(矛盾)だが、やってみよう。

ラン日誌 9月12日(水)曇り
新都心公園 18:20~19:50 4.5㎞ ジョギング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック