記録の更新

画像
記録は伸びたか。
去った全国マスターズ大会の記録と1年前(2017年7月)の県マスターズ大会(80歳)と比べてみた。6月の県マスターズ大会のキロも参考にした。

距離(M)  2017年7月   2018年6月   2018年9月(全国)
800     3:32:39      3:29:45     3:24:93
1500     6:58:47(県新)  7:05:58    6:51:35(県新)
3000   14:52:69 (県新  14:41:26(県新)  14:25:35(県新)
:
コメント:
〇800㍍1年前より約10秒、県大会より5秒速くなっているが、伸び幅が小さい。80歳台の県記録(3:16:46)には10秒足りない。
〇1500㍍は1年前より約7秒速くなっている。
〇3000㍍は1年前より約30秒速くなった。

全日本大会の鳥取は日中の気温が25-27℃で、沖縄大会の30℃を超える気温に比るととても走りやすかった。この記録が実力によるものか気象条件の恩恵か、今後確かめる必要がある。数字だけの単純比較に甘えないこと。次はM85の記録を目指します。

【備考】県記録について、M80 1500㍍は亀浜敏夫さんの記録7:04:80(2010年)、3000㍍は上間哲夫さんの記録16:45:48を更新しての新記録である。お二人の大先輩に敬意を表したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

MZM
2018年09月29日 19:39
おめでとうございます。
すごいな~!リスペクトです!
仲尾次
2018年09月30日 14:50
MZMさん
コメントありがとうございます。
まさか、全国で勝負できるとは夢にも思いませんでした。
自分の力を試してみたい。そんな気持ちで走りました。
思わぬ結果が出て嬉しいです。いつも励ましていただき感謝です。

この記事へのトラックバック