モノレール延長が待ちどうしい

沖縄の唯一の電車は沖縄都市モノレール(ユイレール)。那覇空港駅から首里駅までの12.9㎞を27分で走る。車の渋滞から解放され、定刻に発着する。夢のような乗り物である。

目下、首里駅から浦添まで路線を延長する工事が行われている。昨日、首里駅から終点のてだこ浦西駅までのレール(線路)工事が完成したと新聞が報じている。延長区間の距離は4.1㎞、空港からの路線距離が17㎞に伸びた。新しくできる駅は、石嶺駅―経塚駅―浦添前田駅―てだこ浦西駅の4駅。駅の数は19に増える。

石嶺駅のガラス張りの駅舎が外観を現し、レールもできたので年内に開通するのかと思ったが、開通は来年夏の予定だと言う。工事の都合だから何ともいえないが、できるだけ早く開通できるようにしてほしいと願っている。

私ごとだが、自宅から石嶺駅まで歩いて3分。空港までは30分で行ける。生きている間にできるだけ長くモノレールの恩恵を受けたいと思う心境である。

ラン日誌 8月4日(火)曇り
新都心公園。6時半からジョギンを始めたが雨が降ったので7時に止めた。疲れが残って走れなかった。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック