体組成の測定結果

体を作っている筋肉と脂肪の割合がどうなっているか。今朝、体力・運動能力の基になる基礎ダーターを知る体組成測定が琉大保健学部の尾尻研究室でありました。アミノバリューランニングクラブのメンバーが対象です。脂肪量が増えたか、筋肉量が増えたか。体力年齢を教えてくれるます。

① 今日の測定結果で分かったこと
〇全測定項目で年齢相応の標準値の範囲内である。
〇体脂肪量は標準より少し低く、筋肉量量もやや低い。
〇体幹(上半身)の筋肉量は標準より高いが両足、両腕の筋肉量は標準より低い。
〇基礎代謝量は1092キロカロリーで標準よりやや多い。

② 3年前(73歳)の測定値と81歳(今日)の測定値を比較してみて、驚いた。身長、体重、その他の測定値ともほとんど変わらない。

③ 参考のためにデーターをまとめました。
測定項目  2015年(78歳) 2018年(81歳) 増減(2018-2015)
身長(cm)       153.2      153.2       0.0 
体重(kg)        51.7       51.6      -0.1
体脂肪量(kg)      10.1       10.3      +0.2
体脂肪率(%)     19.6       19.6       0.0
筋肉量(㎏)      39.4       39.1      -0.3
BMI          22.0       22.0       0.0
アスリート指数     43        44        0.0
筋肉量kg(体幹)    23.4       23.0      -0.4
筋肉量kg(両腕)    3.6        3.6       0.0
筋肉量kg(両足)    12.4       12.5      +0.1
体脂肪量kg(体幹)   6.8        6.8       0.0       
    (両腕)    0.6        0.7       +0.1
    (両脚)    2.7        2.8       +0.1
内臓脂肪レベル     13        13        0.0
ヘムグロビン      15.9       16.1       +0.2
基礎代謝(kcal)    1100       1092       -8.0

個人情報ですが恥ずかしを顧みず、公表します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック